コドモ・ドラゴンは叫んでいた!

こどもの頃を思い出したい「おとな」の方々へ・ どらごんになりたい「こども」の方々へ・冗談分かる人向き 動画を見ながら読むのがルール。昔の記事でもコメント大歓迎!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5.母の手料理とお三味線と若い二人のちぃちゃな台所  ~♪逢いたくて逢いたくて・・・石川さゆり♪~

しばらくはブログ崩壊を避けるため過去のお 気に入り記事、人気記事を最新記事に上げてブログを維持しております。 
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2010-04-01に叫んでいた!
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
Bluesは、19世紀後半頃に米国深南部で黒人霊歌、ゴスペルから派生した。
彼らは教会では歌えない胸の内をBluesで、吐き出していた。

ここでは、心の重さを吐き出す歌全てを、               
あえて音楽ジャンルと関係なくBluesと呼ぶ事にする。  

Bluesは感情を表現したものが多い
日常の幸せなことや憂鬱なこと(blues)を12小節に乗せて歌う。
このBluesの調べに乗せて、打ち明け話(あるいは打ち上げ話?)をしたくなったんだとさ~。
*************************************************************
母との日々の中で、三日ほど…母の手料理を初めて味わった。
何を食べたかは憶えていない。
ただ、美味しかった。
何を食べても美味しかった。

他にも驚いた…というか、普通当たり前のことかもしれないけど、
何も言 わなくても……母は食事中、私の欲しがっているものが分かった事。
 私の視線が醤油に向えば、醤油が、
まだ食べたりない気持ちがしていれば、何も言わなくても自然におかわりが出て来た。

それも、特に母は苦労している様子は無い。

こんなに安心するのか…
これが発達心理学でいう「基本的安定感」なのかと思った。

これと今までの食事を比べれば、
今までの私の食事中の身体感覚は、
まるで他人の家か、
お店で食事をしている感覚ぐ らいしかなかった。


母に引き取られた二番兄ちゃんが心底羨ましく思えた。

 以前付き合った恋人によく言われた。
「何故、そんなにまるで・・・作業でもしてるみたいにぶっきらぼうに食べるの?
それに、美味しいのか、何なのかサッパリ分からない」

 正直、美味しくてもマズくても私はどうでも良かった。
 
喰えればいい。
 その程度だった。

ところが、その時の私は何を食べても、

 お母ちゃん、美味しい、
 お母ちゃん、美味しい、
とバカのひとつ憶えの様に繰り返していた。

その後・・・・何日目だったかは憶えていないが
母と父が新婚時代に住んだ
借家に行った。

母は今でも此処で、琴、三味線、小唄などを教えていた。

入った時なんとなく
「おかあちゃん、お三味線弾いてみたい」
と言ってしまった。

母は1、2時間ほど手ほどきをしてくれた。
「ギターと違って、身体をしっかり固定する事が一番最初に大事な事なんよ」と言われるが・・・・・当たり前だそう簡単に音が出るわけがない。

しばらくして身体の位置が少こぅしだけ分かった気がした。
すると音が出た。

「やっぱり男の音やね。力のある音や」
「へぇ~そうなん?」

「ヨっちゃん、ちょっとその本を見ながら練習してて、あたし買い物行ってくる」
「うん」

不思議と何度でも練習出来た。

弾いているうちに何故だか、もう少しで1小節近く弾けた・・・・

母が買い物から帰ってきてもしばらくは弾いていたが・・・・母が少し片付けなどしていると
・・・
なんだか自分が「ろくでなしの料亭の若旦那」にでもなった気がして・・
ちょっぴり気が引けてきた・・・
・・

そっと、三味線をおいて、家の中を見回すと・・・・

そこに不思議な空間があった。
二間だけの平屋なのだが・・・
脇に細い廊下があって・・・
そこにコンロが二つ、瞬間湯沸かし器・・・・ETC

?になりながらも・・・・・やはり三味線が気になり・・・・
「おかあちゃん、何か弾いてみて」とねだってみた・・・・・・・・
母は一瞬・・・無言になり・・・やがて、静かに座り・・・・

「あ、ちょっと待っておかあちゃん」
と私は何か飲みたくなり冷蔵庫をまさぐり、ビールを見つけた。

母は「お酒飲みながら聴くなんて・・あたしは芸者と違うんよ」と言って

母は弾き始めた。

それは何処かで聞いたような、三味線のメロディとはまったく違っていた。

そして、不思議な事に・・・音が、聴いている私のお腹に響いてくるのだ・・・・・
時には不協和音のように聞こえるその音色はまるでクラッシックの現代音楽の様にも聞こえ・・・・・
その上・・・・
なにか人の言いようもない苦しみを表現しているようだった。


聴き終わって母にその事を言うと・・・・・
「そういう事が感じられるヨッちゃんはやっぱりあたしの子やね」

その曲は「ゆき」という曲で・・・・・
愛する男性と別れ・・・雪の中を彷徨い、
やがて息果てる女性の様を表現した曲だった。

激しい苦しみ、痛みのある旋律なのだが、何故か私には嫌な曲とは感じられなかった。

「ところでお母ちゃんここはなに?」
「ああ、台所今は使こてへんよ・・・・・でも、まだ使えるんよ」

其処は、母と父が新婚時代に使った時のままに
残してある台所なのだった。


なんて小さくて可愛い台所なのだろう・・・・
よく見ると
ちゃあんと台所らしい体裁を整えている

そこがそういう場所だと分かった時

胸がキュンとなり、思わず涙が出そうになったが・・・
・・・・こらえた。

そっと目を閉じると、
まだ、若い二人が浮かんだ。
父が料理をしている母を背中から抱きしめている姿がはっきりと・・・
本当にはっきりと・・・浮かんだ・・・・

「おかあちゃん、今日は此処で何か食べさせて・・・」

母は何かを察したのか・・・・小さくて使いづらいその台所を使って・・・・作ってくれた。

僕はただ・・・ただ・・・
お母ちゃん、美味しい、
 お母ちゃん、美味しい、
とバカのひとつ憶えの様に繰り返していた。
つづく

いくらなんでも・・・これはBlues違うやろ!ムード歌謡やろ!つーか演歌やろ!とかいう意見は
この際聞かないよ~~~
お知らせ(ここだけ新しい情報)!!! 最近,試しに警察小説書いてます!!  

テーマ:あなたと過ごした毎日 - ジャンル:

4.黒門市場のど真ん中・・・・~♪各駅停車 /猫 ♪~

しばらくはブログ崩壊を避けるため過去のお 気に入り記事、人気記事を最新記事に上げてブログを維持しております。 
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2010-03-31に叫んでいた!
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
Bluesは、19世紀後半頃に米国深南部で黒人霊歌、ゴスペルから派生した。
彼らは教会では歌えない胸の内をBluesで、吐き出していた。
 
ここでは、心の重さを吐き出す歌全てを、               
               あえて音楽ジャンルと関係なくBluesと呼ぶ事にする。  

Bluesは感情を表現したものが多い
日常の幸せなことや憂鬱なこと(blues)を12小節に乗せて歌う。
このBluesの調べに乗せて、打ち明け話(あるいは打ち上げ話?)をしたくなったんだとさ~。
*************************************************************
その後、
事態はさらに悪化してきた。

祖父は、城跡の出来事から、およそ半年後、
異常な考えを心のうちに持ち始めていた。
私の叔父がその考えを聞かされた時、

「なんちゅう事、するつもりや
と思った。

「堪忍やで・・・・ヨっちゃん・・・せやけど・・
あの当時のおじぃの勢いには誰も逆らえへんかった・・・・・」

祖父は叔父に言い放った
「カズトを取り返しに行く。 お前、クルマ出せ!」

この話は母との7日間の二年前、
横浜の親戚の葬式で何十年ぶりかに会った叔父から、偶然幾つか聴い
ていた。

しかしそれがあの黒門市場の真ん中で起きた事、そして、
それがどのような結末で終わったのかを母から聞かされ、驚いた。

そして……あまりの哀しさに涙すらでなかった。
母の実家は黒門市場のすぐそばにある。
ご存知黒門市場は東京で言えば「築地」のような所である。 蛇足ながら・・・・・・。


祖父と叔父は二番兄ちゃん=カズトを連れ戻るため、
いや、拉致す るためと言ったほうがいい…
市場出口付近にクルマを停め、張り込んだ

やがて、カズトが下校してきた。

叔父は(内心…イヤイヤで・・・・・
カズトを捕まえた。

「カズちゃん、おっちゃんや、さぁ一緒に家に帰ろ」

カズトは、おそらく本能的に、叫んだ!

「いややぁぁぁぁ いややぁぁぁぁ いややーいややー」

そして黒門市場のど真ん中で大暴れした!
それこそ、
黒門市場いや、大阪中に響くほど…の勢いで
声を張り上げて……

母が帰ってきた。

ここからは叔父からの話だ。
「でもな、ヨッちゃん・・・・おじぃ・・・・最後は人でなしと、ちゃうかった…
お前らのお母ちゃんの姿見たとき・・・・
おじぃ、こう言うたんや」

おい、あかん、これはあかん。あんまりや、可哀想過ぎる、可哀想や
放したれ、放したってくれ・・・・頼む・・・」

「自分から、騒いで俺にクルマまで出させといて・・・
最後は・・頼む・・・・・やて・・・おじぃ・・・アホやなぁ~

せやけど、ワシ、そのおじぃの言葉聴いた時・・・
正直・・・・・ホッとしたわ・・・・・・

おじぃ・・・その後、ずっとクルマの中で震えてたわ
自分のやってる事が怖かったんや

ヨッちゃん、堪忍やで・・・
こんな話今頃して・・・・
せやけど、ワシ、この事がずっと心に引っ掛かってたんや」

そして、さらにこの話には後がある。

此処からは母に聞いた。

手を離された二番兄ちゃん=カズトは一目散に母に走りより抱き付いた。
そして叔父と祖父は停車していたクルマに乗った。

そのクルマにはなんと

一番兄ちゃん=マサトが後部座席に乗っていた。
おそらくは祖父が二番兄ちゃんを説得する為に幼いマサトまで連れてきたのだ。

しかし・・・・・マサトは外に出て来なかった・・・・・・・

祖父の言うことを聴かなかったのか?
あるいは、
動けなかったのかもしれない・・・・・・・・・・

母は「マーちゃん」「マーちゃん」と叫ぶが

無情にも叔父のクルマは走り始めた・・・・・・・・・・・・


その後部座席の窓に両手と顔をくっつけて・・・・・・
苦しそうに母と二番兄ちゃんを見つめて・・・・・・・・

まるで梅干しの様に・・・・
くしゃくしゃに顔を歪め・・・・・・・・

ぽろぽろ涙を流している一番兄ちゃんの顔が・・・・・・
遠くに過ぎ去っていった・・という・・・・・


母と二番兄ちゃんは
泣いて
泣いて
泣き尽くした・・・・・


つづく・・・・・こんな所で終わってたまるか!

過ぎ去っていくクルマの中で
一番兄ちゃんの脳裏の中では
<短かった母との思い出>が

まさにこの歌、
「各駅停車」の様にゆっくりと駆け巡ったに違いない・・・・・・・
それを思うと僕は・・・・無念でならない・・・・・・
お知らせ(ここだけ新しい情報)!!! 最近,試しに警察小説書いてます!!  

テーマ:知ってほしいこと。 - ジャンル:

3.城跡にて・・・・・・~♪命をあげよう 本田美奈子~♪

しばらくはブログ崩壊を避けるため過去のお 気に入り記事、人気記事を最新記事に上げてブログを維持しております。 
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2010-03-30に叫んでいた!
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
Bluesは、19世紀後半頃に米国深南部で黒人霊歌、ゴスペルから派生した。
彼らは教会では歌えない胸の内をBluesで、吐き出していた。

ここでは、心の重さを吐き出す歌全てを、               
あえて音楽ジャンルと関係なくBluesと呼ぶ事にする。  

Bluesは感情を表現したものが多い
日常の幸せなことや憂鬱なこと(blues)を12小節に乗せて歌う。
このBluesの調べに乗せて、打ち明け話(あるいは打ち上げ話?)をしたくなったんだとさ~。
*************************************************************
生まれ育った田舎の町には、城跡があった。

子供三人で、そこに生えていた樹を蹴っ飛ばせば、
カブトムシやクワガタ がボトッと落っこちてくる、
手には<可愛らしい、くすぐったさ>でナナボシてんとう虫が止まり、
 夏の夜 にはお城の真ん前の野外広場で仮面の忍者赤影を大きなスクリーンで、
毎年見た。
その帰りには沢山のホタルが幻のように紅色に光り、 天使の如く宙を舞い踊る。

 子供にはまったく夢のワンダーランドだった。

その城跡がまさか、僕達兄弟の別れの場所だったと知ったのは30年 近く後の事だった。

その日、 朝、 母がいなかった朝、
一番兄貴(マサト)二番兄貴(カズト)は朝から学校に行っていない。

 何故かって 母からの電話にでているからだ。

母は早朝、家を放心状態で出ていた。

ただ、出てきた。

何の考えも無く..........

すぐ、帰ろうと思っていた..............

母がそんな状態になるにはトラックいっぱい分ぐらいの訳があるが、ここでは触れない。

ところが・・・・・
時間の経過が彼女を狂わせた・・・・・・。

子供達が学校に行く時間をとっくに過ぎてしまったのだ・・。
 おまけにヨチヨチ歩きの赤ん坊の私は放置されている。
家へ中途半端に帰ればどういう騒ぎになるかは目に見えていた。

 怖かった・・それが恐ろしかったのだ。

とにかく・・・一度、実家へ・・・・・
彼女はそう考えたが、小銭しか持っていなかった。タクシーにすら乗れない。
電車に乗れば小さな小さな町だ。すぐに誰かに見つかるかもしれない・・・・

とにかく・・・電話だ・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
マサトは絶対に電話が掛かってくると固く信じていたに違いない。

そして・・・ベルが鳴った。

母は騒ぎにならないように今からでも何食わぬ顔で二人して、
遅れてもいいから学校に行くように、
そして放課後二人で城跡に来るように告げた。

次はお金だ・・・。

城跡の近くにはカトリックの教会があった・・・・・。

 神父様に・・・・・・・。
彼女は必死の思いで頼んだ・・・・。

神父は最初、最初かなり断ったが・・・・
おそらく・・係わり合いになるのを恐れ、貸したのかもしれない。

何故そう思うって・・・・?          

その教会は私が通う事になる幼稚園でもあったからだ。

そして・・・・・その教会の神父がお金を貸したことは30年後にこの話を聞くまで、まったく知らなかったし・・・・・
父方の私の家族もまったく知らないのだ・・・・・・・。

祖父は町のちょっとした名士だった。母がどこの何者であるかは神父は当然知っている。これは昭和40年代の出来事でしかも関西の田舎の話だ。
もし、打ち明けていたらどうなるか・・・・。

そして、これは別の日に書くが私はその幼稚園で本当に特別扱いだったし・・・。
祖父は本当にこの教会を気に入っていた。
実家はカトリックどころか浄土仏教徒である。

もし仮にこの事が祖父の耳に入っていればカンカンに怒っていただろうし、
だいいち、私をその教会の 幼稚園になぞ行かせるわけがない。
(ついで言えば仏教系の幼稚園/保育所は近所に山ほどあった)

ともかく・・・彼女はようやく帰るお金を手にして城跡に来た。


二人の兄は、母を捜してウロウロしていた。

「お母ちゃん」「お母ちゃん」と叫んでいた。

その時、既に事態を察していた祖父が鬼の形相で自転車で走り寄ってきていた。

 一番兄ちゃん=マサトはなんと無残に捕まってしまった・・・・・・。

 母は二番兄ちゃん=カズトを見つけて硬く手を握っていた

その時・・・・
タクシーが来た。

鬼神の如き祖父を見た瞬間、とっさに母はカズトとタクシーに飛び乗ってしまった!

「あかん!!」
その話を聞いた時、私は母に言った。
頭痛がした・・・・

「一番兄ちゃん・・・・裏切られたと思ってしまってる」

 「それは決定的や」

母の顔がストップモーションの様になるのが見えた。
その時もうカウンセラーとして働いていた私は、
この話で・・・ 一番兄ちゃんの不可解な性格の理由がすべて・・・・分かった。

今、私の想像の中で、
うっすら・・・・・・・・・・・・・・・・
哀れな一番兄ちゃんの姿が見える・・・・・

祖父に掴まれ・・・もがきながら・・・
そして祖父はこう言ったに違いない・・・・

「見てみぃ・・行ってしもたぞ・・お前のお母ちゃんは」


そして・・・・祖父に家に連れられて帰ったら・・・
放置されていた何も知らない私がヨチヨチ歩いていた・・・・

心の中の兄の声が聴こえる

「悪いのは・・・・・お母ちゃんや・・・・」

もう一つだけ・・・
この時、一番兄ちゃんがタクシーに乗れていたら
彼は医者になっていなかったかも知れない・・・・・・・・。
つづく・・・例によってつづくに決まってるさ~

この曲は母の・・私への想いに近いのかもしれないと思う時もある・・・・・・↓↓↓↓↓
お知らせ(ここだけ新しい情報)!!!   最近!小説書いてます!!  [E★小説]イーグル・タクティクス



テーマ:知ってほしいこと。 - ジャンル:

2.一番兄ちゃん=長男マサトの夜と朝・・・・~♪酒と泪と男と女 木村充揮×近藤房之助♪~

しばらくはブログ崩壊を避けるため過去のお 気に入り記事、人気記事を最新記事に上げてブログを維持しております。 
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2010-03-29に叫んでいた!
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
Bluesは感情を表現したものが多い。
日常の幸せなことや憂鬱なこと(blues)を12小節に乗せて歌う。
このBluesの調べに乗せて、打ち明け話(あるいは打ち上げ話?)をしたくなったんだとさ~。
*************************************************************

そうだ、母との7日間の前に書く事があった。

「お前のお母ちゃんはな」
と、
一番兄ちゃん、
(仮にマサトとしておこうか)は
私、
(仮にヨシトとして おこうか)
にこう、切り出した。

 それにしても お前のお母ちゃんという言い方は、かなりおかしな言い方。
私の母は兄の母でもあるんだからさ。 当たり前だけど。

「お母ちゃんは
あの日、たしかに、家を出るて俺に言うた。

せやけどな、
とマサトは親父の部屋からガメたスコッチをコップに注いで、
ひと口飲 み、顔をしかめた。

せやけどな、
マサトはスコッチが焼けて喉を通り過ぎるの感じてから、

「俺が………
 俺が、

やめてぇなお母ちゃん、 なあ、お母ちゃん、言うて、 ヨシトもカズトもお父ちゃんもおじいちゃんもおばあちゃんも、みんない るから、……… て、

泣いて、泣いて、 おかんに、言うて
(いつの間にかおかんになっている)

そしたら、おかんは、行かへん 行かへんって言いよった。

 まだ、俺、小学校、やったもん。 そんな程度の事しか、言われへんなぁ
アホみたいな理屈しか、言われへんなぁ~~しゃあないなぁ~~
なあ、ヨシト。
そんで、泣き疲れて寝てしもたわ。

そしたら、明くる朝、 お前の泣き声で、
目が覚めて……
アホのカズト(次男)はそれでもグースカ寝てやがって、……

俺の体には布団が掛かってて……

お母ちゃんは、 いてへんかった


後にも先にも
一番兄ちゃんが私に母の話をしたのはこの時だけだ。

まだ彼は医大に入ったばかり、
私は小学六年生。
名古屋の医大から夏休みで帰省して、唐突に
夜中、私の部屋に入り・・・・・訊ねてもいない母の話を私に聞かせた。

それから20年も経って母からこの出来事のすぐ後の話を知ることになるのだが・・・・・・

ともあれ、
一番兄ちゃんは・・・・

「それが、お前のお母ちゃんや」

と言い・・・

スコッチをちびちび飲んだ後・・・・・ちょいと遠くを見て・・・・
別段、涙を流すなどという事も無く

ぶら~~と部屋を出て行った。


テーマ:あなたと過ごした毎日 - ジャンル:

1.母と私と万博と・・・・・・・~♪胸が痛い/憂歌団♪~

しばらくはブログ崩壊を避けるため過去のお 気に入り記事、人気記事を最新記事に上げてブログを維持しております。 
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2010-03-28に叫んでいた!
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
Bluesは感情を表現したものが多い。
日常の幸せなことや憂鬱なこと(blues)を12小節に乗せて歌う。

この
Bluesの調べに乗せて、打ち明け話(あるいは打ち上げ話?)をしたくなったんだとさ~。
*******************************************************************************
33歳になって初めて実の母と一緒に過ごした時があった・・

こんな事を書いてみたくなったのはちょっとしたニュースを目にしたからだが・・・
EXPO'70パビリオンという
大阪万博を復元した記念館が出来たと言う・・・・・

母はその万博、日本館でコンパニオンとして、琴を演奏していた。

幼い私と別れ別れになった4年ほど経った頃だ。

そのコンパニオン姿の写真をを母に見せてもらった・・・・

そして
その頃僕は祖父に連れられてその万博に行っていた・・・・・・・・

その日、母と私がすれ違っていたとすると・・・・・・・・・

私は生後一年8ヶ月で母と引き離された・・・・・・
幼い頃の母の記憶は無い
母の顔も全く憶えていない
母は5歳の私に気づくわけもなく・・・・・・・・・
幼い私も美しい和服姿の母
気づくわけもなく・・・・・・・・・

何という事だと

その写真を見た時
思った・・・・・・・。

私はその時、祖父と万博に行った事を
母に言わなかった・・・・・・・・。


実の母と過ごしたたったの7日間

母と私が話したことはあまりに意外な事だらけだった。

つづく

お知らせ(ここだけ新しい情報)!!!   最近!小説書いてます!!  [E★小説]イーグル・タクティクス


テーマ:あなたと過ごした毎日 - ジャンル:

前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。